先輩インタビュー

Senior Interview 01

Yuma Murakawa

  • エンジニア 村川 由茉さん(23歳)
  • 国立熊本大学 工学部 建築学科卒
    株式会社岩永組 工事部

いつかは仕事と家庭の両立も!

土木の分野を選んだ
理由は何ですか?
建物が出来上がっていく過程を体感できる!
大学時代も建築について学び、建築業界を目指していました。中でも施工管理という職種を選んだのは、実際に建物が出来上がっていく過程を自分の目で見て、体感したいなと思ったからです。
エンジニア(施工管理技士)はどんな仕事ですか?
いわゆる現場監督。
毎日が勉強です!
いわゆる「現場監督」です。予算やスケジュールの管理、品質の保証に至るまで、建築物のすべてに携わるマネージャーというイメージでしょうか。今の現場では、作業中の記録写真を撮ったり、作業の段取りや下準備をしたり、という仕事が多いです。大学では設計や構造の勉強が多く、施工管理についてはあまり学ぶ機会がなかったので、毎日が勉強ですね。
これまでに携わった中で、
印象に残っている仕事を教えてください。
やっぱり現場!得るものも刺激もいっぱい!
実は、ここが初めての現場なんです! これまでは先輩の補佐として住宅の改修作業など短期間の仕事に携わってきました。8月からこの現場で仕事をしていますが、やっぱり現場で得るものは多いなと思います。机上の勉強では得られない刺激がいっぱいです。
自分の仕事のココが好き・
やりがいを教えてください。
建設過程を見るのが楽しくて仕方ない!
希望した通り、更地から基礎ができて、少しずつ建物の形になっていって…という過程を見るのが楽しくて仕方ないです。完成したらもっと感動すると思うので、今から楽しみにしています。

働き始めた当初、不安だった
ことはありましたか?
やっぱり
女性の少なさです
女性が少ない職種なので、すごく不安でした。男性社会でもありますし、煙たがられるかなと思っていて。でも、入ってみたら「女性だからダメ」ということは全然なかったです。皆さん本当に優しいですし、可愛がってくださるので安心して働けています。
エンジニアをしていて良かったことは何ですか?
たくさんの先輩方との
コミュニケーション!
職人さんや先輩方と、いろんな話ができること。スムーズに仕事を進めるためにはコミュニケーションも大切だと思いますが、人生の大先輩として、仕事以外のこともたくさん教わっています(笑)。
今、造ってみたいものは何ですか?
人の生活の気配がする
住宅や集合住宅!
もともと住まいに興味があったので、一般のお客様の住宅や集合住宅の現場に携わってみたいですね。人の生活の気配がするところで仕事ができたらいいなと思っています。
建設業の中で、女性が活躍できそうなのはどんな分野でしょうか?
積極的に挑戦すれば、
どんな分野でも!
私のような施工管理はもちろんのこと、どんな分野でも積極的に挑戦すれば活躍できると思います。最近は現場に女性専用の更衣室やお手洗いが用意されていることも多いですし、性別関係なく、一般的なイメージ以上に仕事がしやすい環境だと思います。

休日はどんな風に過ごしていますか?
キャンプにトレッキング、アウトドアが大好きです!
アウトドアにハマっているので、キャンプにトレッキングにと、あちこち出かけています。去年は五木村でバンジージャンプにも挑戦してみました。
将来の夢を教えてください。
いつかは家庭と仕事の両立も
まずはしっかりと経験を積んで、施工管理技士の資格を取ることです。建設業の資格は実務経験が必要なものが多いので、資格を取得できるということは、現場でのスキルも高くなっているということなんです。それから、いつかは結婚して子どもを持ちたいと思っているので家庭と仕事の両立も目指していきたいですね。
後輩へのアドバイスをお願いします。
やりがいもあり、
女子も働きやすい!

学生の頃に夢みていた光景が、まさに今、目の前に広がっています。女子の皆さんにも、どんどん飛び込んできてほしいなと思います!

技術職(エンジニア)
技術職を目指す後輩へ一言
学生の頃に夢みていた光景が、
まさに今、目の前に広がっています。
女子の皆さんもどんどん飛び込んできてください!

企業リスト