先輩インタビュー

Senior Interview 02

Mizukami Shuichi

  • 解体業 小﨑 美香さん
  • 株式会社前田産業
    勤続15年目

負けたくない!という思いが原動力に。

建設業界を選んだ
理由は何ですか?
両親の影響もあり、
建設業界一筋。
両親の影響もあり、社会に出てからは建設業界一筋でやってきました。運輸や土木工事など、さまざまな会社、業種を経てたどり着いたのが現在の仕事です。
仕事内容を教えてください。
様々な解体の現場で、職人を率いる現場監督。
大小さまざまな解体の現場で、職人を率いる現場監督をしています。自ら重機を操って作業にあたることも多々あるんですよ。以前も同じ解体業を営む会社に勤めていましたが、そこではなかなか女性は現場に出られず…。バリバリ最前線でやらせてもらえる今の会社には感謝しています!
会社のサポート体制は
いかがですか?
資格取得、助成金や
指導等の支援が魅力的。
資格取得へのサポートが手厚いですね。助成金や指導といった支援もあり、男女に関わらず、社を挙げて資格取得を促進する雰囲気があります。また、有給が取りやすいところも魅力的だと思います。

仕事のやりがいを
教えてください。
難しい現場ほど
やりがいを感じます!
解体は危険がつきものの仕事。部下の命を預かる責任も感じますが、難しい現場ほどやりがいを感じて燃えますね。
解体業ってどんな仕事
なんでしょうか?
様々な現場で
効率的に解体を行う。
解体の現場は、ひとつとして同じではありません。立地条件も違えば、建物の性質、形にも影響される仕事です。どの角度から侵入すれば効率的に解体が進むか? クレームを最小限に抑えるには? など、いかにハプニングを乗り越えていくかが鍵だと思います。
プライベートとの両立は?
仕事と子育てを両立
することが出来ました。
子どもが小さかった頃は、仕事場に連れて行ったりもしていましたね…。今はある程度、手を離れたこともあって以前よりも一層、仕事に打ち込めるようになってきました。

仕事で大切に
していることは?
チームワークです。
 
建設の仕事は、決して一人ではできません。現場監督として男性や年齢が上の方に指示を出すことも多いのですが、チーム全員が気持ちよく作業にあたれるように気を配っています。心の向きを揃え、気持ちよく仕事ができる環境さえあれば、人は自分の能力以上のものを発揮できるものなんです。
今後の目標を
教えてください。
一級土木施工管理技士
の資格に挑戦!
一級土木施工管理技士の資格に挑戦するため、仕事が終わった後は資格スクールに通っています。「自分にも周りにも負けたくない!」という思いが、がんばるための原動力かな。
後輩にメッセージを
お願いします。
ぜひ飛び込んで
きてください!
あまり注目されることのない解体業ですが、重機を操り、スケールの大きな建造物にも挑めるダイナミックな仕事です。ぜひ飛び込んできてください! それから、家庭生活と仕事の両立には配偶者からサポートしてもらうことも大事。上手に息抜き・手抜きをしながらキャリアを積み重ねていきましょう。
趣味は何ですか?
釣りと空手を
始めました。
最近、釣りと空手を始めました。のんびり自然と触れ合える釣りは、リラックス効果バツグンですよ。

解体業(クラフトマン)
他にもこんなお仕事で女性が活躍しています。
舗装技術者 、設計監理 、設備設計、構造設計 、測量士、ガーデンプランナー、経営 、営業、 総務 、経理、 人事 etc

女性技術者インタビューページへ

くまもと建麗会とは?

  • くまもと建麗会公式ブログ
  • くまもと建麗会への入会希望、お問い合わせは、(一社)熊本県建設業協会までどうぞ!
くまもと建麗会 平成29年度活動報告

企業リスト