先輩インタビュー

2017/5/26 - くまもと建麗会

くまもと建麗会~初めての現場見学会と意見交換会を開催! 

p120_18404_1建麗会フォトレポート1

 

2017年5月25日(木)に、熊本県建設産業団体連合会(橋口光徳会長)の会員企業に所属する女性の交流会「くまもと建麗会」(会員44人、森山澄江会長)で初めての現場見学会と意見交換会を開催しました。

 

場所は熊本市西区花園7丁目の県道砂原四方寄線(池上工区)2号トンネル新築工事現場で当日は会員21人が参加しました。

冒頭、森山澄江会長が、

「今日の現場見学会は、みなさんと意見交換をしていく中で『たまには作業服で集まりたい』『現場を見てみたい』という意見があり、企画した。熊本市の中心地近隣でこれだけ大規模なトンネル工事をすることはめったにないので見ていただこうと今回の場所に決めた。昔はトンネル工事は女人禁制だったが、今日皆さんと一緒にトンネル工事現場に入り見学するというのは何かすごいことだなと感じる。裏を返せば私たちの業界は決して閉ざされているものではなく、開かれているということ。皆さんから意見を出していただくことで、気持ちよく楽しく仕事ができるような環境を一歩でも二歩でも前に進めていきたい」とあいさつしました。

 

トンネル工事についての説明の後、現地に移動して実際の現場を見学し、説明を聞きながら、カメラで撮影するなど普段見る機会の少ないトンネル工事に興味津々でした。

参加した会員からは、

「実際に進行しているトンネル工事の現場を見ることができるのは貴重な経験。今回初めて参加できたが、これまで建設産業の女性同士の交流もほとんどなかったので、このような会はありがたい」と感想を話していました。

 

詳しい様子は、くまもと建麗会のブログよりご覧ください!!!

http://kumamotokenreikai.otemo-yan.net/e1035654.html

 

 

企業リスト