先輩インタビュー

Engineer - エンジニア

技術職の仕事紹介

管理技士を目指そう!!
技術職とは土木施工管理技士や建築施工管理技士といった現場を管理する職種になります。その中で代表的な施工管理技士とは、主に現場における品質・工程・安全・原価の管理を行います。新しい工事を受注した段階から現場監督の仕事が始まります。予算立てからスケジュールの作成、協力会社や人員の確保、様々な手続きや書類の作成など、仕事内容は多岐に渡ります。大きくは、下図の4本柱が主な現場監督の仕事とされてきましたが、近年ではそれに加え、「気配り」の要素が重要視されています。地域からの理解を得て、工事を円滑に進めるための心配りや、社会貢献などがそれにあたります。他者に対する気遣いや人間関係を構築するコミュニケーション力が、これからの現場監督には不可欠です。
技術職の資格の代表的なもの
1・2級土木施工管理技士/1・2級建築施工管理技士
1・2級舗装施工管理技術者/測量士/測量士補

Craftman - クラフトマン

技能職の仕事紹介

一生使える技能が魅力!!
専門工事業者とは、総合建設業者(工事全体の施工管理等を行う者)と連携して、それぞれ特化した技能により建築・土木工作物をつくり上げていくスペシャリスト集団です。その専門性により26業種に分かれており、それぞれの特徴を生かした技術を生かし、仲間と連携して建築物を作り上げていきます。幅広い分野から自分にあった業種を選ぶことができ、それぞれ資格取得などスキルアップが望め、経験を生かしてステップアップできるのも大きな魅力のひとつです。
技能職の資格の代表的なもの
鉄筋施工技能士/左官技能士/とび技能士
配管技能士/造園技能士/塗装技能士

建設産業は、ものづくり、そしてクリエイティブで、アートだ!

土木一式工事業

主に関わる構造物
ダム・河川・トンネル・道路
その他構造物
ダム、河川、トンネル、道路など様々な構造物をつくるダイナミックな仕事です。そこで働く土木技術者は、設計や施工の技術だけでなく、様々な職種に携わる人々とコミュニケーションをとりながら工事を進める重要な役割を持っています。

建築一式工事業

主に関わる構造物
学校/病院/ビル/マンション
学校、病院等の公共施設、マンション、ビルなどの民間施設などあらゆる建築物をつくる仕事です。ソフト・ハードの技術を駆使し、様々な職種の技能者とともに一つの建物をつくり上げていきます。完成した時の達成感が建築工事で働く人の原動力となっています。

舗装工事業

主に関わる構造物
道路/駐車場
道路や駐車場等の表面を強化して、人や車が快適に通行できるようにする仕事です。舗装の種類には、アスファルト舗装やコンクリート舗装があり、最近は環境を考慮した技術革新も進んでいます。現場も土木工事なかでは機械化が進んでいる業種です。

造園工事業

主に関わる構造物
庭園/公園/エントランス
庭園から都市空間、植物や石など自然の素材を生かし、「美しい景観をつくり育てる」総合的な仕事です。植物や石等を使った造園の設計、施工、監理を行うため、感性が豊かな人ほど力を発揮できるでしょう。

大工工事業

主に関わる構造物
神社仏閣/住宅
神社・仏閣、城郭をはじめとする木造建築物は日本の美の象徴の一つであり、その伝統を受け継ぎ、住宅建設を行うのが大工工事業の仕事です。大工工事に必要な数々の技術・技能を習得しながら一人前の大工になっていきます。

とび・土工工事業

主に関わる構造物
足場/高所作業/掘削
とび工は、足場の組立・解体、鉄骨の建て方、PC(プレストレストコンクリート)の取り付けなどの作業を専門とする技能者です。建築現場の職人の間では、高所を華麗に動き回る事から「現場の華」と言われています。土工は、堀削、埋め戻し、盛り土、コンクリート打設などの作業を担当する技能者です。大型建設機械のオペレーターが多い職場です。

鉄筋工事業

主に関わる構造物
ビル/橋梁
鉄筋コンクリート建造物のコンクリートの中に骨組みと鉄筋を構造図に従って組み立てていく仕事です。工場内で鋼材を切断し、曲げ加工をし、できた材料を図面に従って「知恵の輪」のように組み上げます。鉄筋コンクリート構造は、ビル、橋梁等私たちの生活の基盤となる施設のすべてに用いられています。

鋼構造物工事業

主に関わる構造物
ビル/橋梁
鋼材(スチール)を骨組みとするビルや橋を製作し、現地に据え付ける仕事です。日本の鉄骨建築技術や橋桁の製作・架設の技術は世界屈指と評価され、海外への技術援助などにも貢献しています。経験を積み、色んな資格を取得することで、大きな強みになります。

左官工事業

主に関わる構造物
住宅/その他建築物
建物の仕上げ工事で多種多様なこてを使い、1ミリ単位の精度で床・壁・柱・窓枠・階段などを仕上げていきます。左官業には比較的小規模な企業が多く、家庭的環境の中で技能を取得して一生活躍できる職種です。

タイル・レンガブロック工事業

主に関わる構造物
住宅/その他建築物
タイル等を建物の内外装の壁、床などに施工して建築物の美観を整え、保護し耐久性を高める仕事です。正確かつ美しい仕上がりは、優れた技能・技術を持つタイル張り技能士の腕にかかっており、意欲あふれ、何事にも辛抱強く取り組める人なら、男女問わずこの業界で力を発揮できるでしょう。

内装仕上げ工事業

主に関わる構造物
住宅/その他建築物
コンクリートで囲まれた空間に天井をつくり、床を張って、人々が安全で快適に住んだり、働いたりできる部屋に仕上げる仕事です。未来に向けた都市再開発や現在建っているビルの増改築や改装など、内装仕上工事業の仕事は増えることはあっても減ることはありません。

塗装工事業

主に関わる構造物
建築物/橋/道路
建築を中心に、橋、タンク、プラント、道路、ライン、土木構造物、コンクリートなどの塗装工事です。 新しく便利な街や建物をつくると同時に、古くなった建物を塗装によって再生し、生活者により適した住環境を整える大切な仕事です。

板金工事業

主に関わる構造物
住宅/その他建築物
建築板金は、1枚の金属板を美しい工芸品につくり上げる仕事に始まり、現在では雨水処理の専門家として、屋根や外壁を中心とした建築外装系の仕上げ施工の仕事です。材料の加工では手先の器用さや繊細な美的感覚も求められるなど奥の深い職種でもあります。

屋根工事業

主に関わる構造物
住宅/その他建築物
瓦などの材料を使って、建築物の屋根をふく仕事です。瓦という素材自体が断熱性や耐火性、耐久性に優れていたことはもちろん、耐震性や美観をつくり込んできた技術・技能に負うところが大きく、瓦屋工事技士等の資格者などが活躍しています。

防水工事業

主に関わる構造物
防水設備
建造物を風雨や地下水から守るため、アスファルト防水、シート防水、塗膜防水、シーリング防水などを行う仕事です。地球環境を考慮した都市創造の一環として、屋根緑化や太陽光発電が注目されていますが、防水工事と屋上緑化や太陽光発電設備設置を組み合わせた技術は、人に優しい環境づくりに貢献しています。

電気工事業

主に関わる構造物
電気設備全般
電気に関するあらゆる設備を施工し、高度情報化社会を支えるインフラを作る仕事です。電気工事を行う人には「電気工事施工管理技士」や「電気工事士」など、各種の国家資格の保有が定められています。自分の将来のため、資格取得に一つひとつアタックすることができます。

管工事業

主に関わる構造物
冷暖房設備/配管設備
冷暖房や空調、給排水、衛生などのための設備と、これらを機能させるための管を設置する仕事です。管工事業は、人々が日々生活していくうえで、最も基本的なライフラインを支える重要な役割を担っています。色んな仕事に応じた国家資格を取得し、どんどん高度な仕事へ挑戦していくことができます。

測量・建設コンサルタント業

主に関わる構造物
測量/設計
測量業は道路や構造物などをつくるための「土木測量」、地図つくる「地図測量」、土地登記のための「地籍測量」を行う仕事です。地図の作成等にとどまらず、災害時の被害状況把握や、早期の復旧・復興を行うために必要不可欠な業種です。建設コンサルタント業は、土木建築工事の設計、監理や土木建築に係る調査、企画等を行う仕事です。建設に係る幅広い専門家集団です。

地質調査業

主に関わる構造物
地質調査
地下部分の地質、土質、基礎地盤、地下水などを明らかにし、土木構造物や建築物の設計等の基礎資料を提供する仕事です。具体的には、地表地質踏査、物理探査、ボーリング、各種計測・試験等を行い、得られた結果を地質学・地球物理学・土質工学的に解析・判定します。現地調査などの「野外での仕事」と解析などの「デスクワーク」が一体となった仕事です。

建築士

主に関わる構造物
設計/監理
公共施設や住宅、オフィスビル、スタジアムなど、建築物の設計と工事監理を担うのが建築士です。建築士の仕事の範囲は広範囲に及び、企画、設計、施工、維持管理という全ての段階に関わります。手掛ける案件も、公園などのランドスケープデザイン、まちづくりや再開発事業など、幅広い分野で活躍することができます。

企業リスト